Forceful Implantation

インプラントは日進市のクリニック【治療内容の説明が親切】

健康保険と医療費控除

適用できるケースがある

施術

歯の矯正は原則として自費診療になるため、富山の矯正歯科でもトータルで100万円以上の出費になるのが普通です。
しかし特定の条件を満たしていれば、健康保険の対象になる場合があります。
富山の矯正歯科で保険が適用される代表的な例は、顎変形症で手術が必要な場合です。
顎変形症は顎が左右や前後に大きくずれていて、普通に噛み合わせができない状態を言います。
また厚生労働大臣が指定した特定の疾患が原因で噛み合わせが悪い場合にも、健康保険が適用されます。
具体的には唇顎口蓋裂やダウン症候群など、50ほどの疾患が指定されています。
これらの場合は富山の矯正歯科の中でも、保険が適用できる指定医療機関で治療を受ける必要があります。
保険が使えるかどうかは、あらかじめ確認を取っておいてください。
保険が利かない場合でも、1年間に10万円以上の治療費を支払ったときは、医療費控除制度を使って治療費の負担を軽減することができます。
治療費には富山の矯正歯科に支払った金額だけでなく、治療に関係する薬代や交通費も含まれます。
ただし控除の対象になるのは、噛み合わせ機能に問題があって矯正治療をした場合に限られ、審美治療だけが目的だと認められません。
控除を受けたい方は、翌年の2月〜3月に行われる所得税の確定申告で、治療にかかった費用を申告します。
自営業の場合は納税額が軽減され、サラリーマンの場合は源泉徴収された所得税が還付される仕組みです。

歯を抜かないでで矯正を

tooth

歯並びの矯正といえば、ワイヤーを歯の前側に装着して歯並びを矯正し、矯正具が歯の表面に見えてしまう方法が一般的でした。
近年では歯の裏側に装着が出来る裏側矯正(インコグニト)や、透明なマウスピース型で取り外しが出来るインビザラインを実施しています。
さらに透明なクリアブラケット、インプラントなどのたくさんの選択肢も出来るようになりました。
また富山にある矯正歯科ではいずれの矯正方法でも、出来る限り現在ある歯を抜かずに矯正をする方法を患者さんと話し合い、矯正方法を考えていきます。
その際に費用は明確に提示する事を心掛け、治療前の段階で全行程の金額を決定します。
患者さんに納得していただいた上で、矯正治療を進めていきます。
またインビザラインなどのドクターのテクニックにより矯正期間や仕上がりに差が出てしまう矯正方法でも、信頼して任せられる矯正歯科がたくさんあります。
富山の矯正歯科では、治療工程をコンピューター上でシミュレーションが出来るので、歯の動きを事前に確認してから治療に取り込む事が可能です。
歯の矯正は成人になってからでも間に合います。
富山の矯正歯科では接客業に携わっている方に対して、人前でも目立たない矯正方法を実施しています。
また小児の矯正の場合には床装置という取り外しの可能な矯正具で、顎の成長に合わせた矯正方法を行います。
出来るだけ患者さんの負担にならない方法を心掛けています。
歯科矯正のストレスを軽減する方法を第一に考えて患者さんと共に最善の治療方法を、富山の矯正歯科では第一に考えます。

日常生活の姿勢が重要

治療器具

歯並びが悪くなってしまっている人は、アゴの筋肉の使い方が悪かったり、虫歯が原因で歯並びが変化してしまったという例も多いです。
すぐに歯並びを改善したいと考えているのであれば、アゴの筋肉の使い方等もしっかりと指導してくれる、富山の矯正歯科を頼ってみてください。
富山の矯正歯科は歯列矯正を行う際に、アゴの骨格の歪みなども確かめながら、どのように骨格を直していくべきか考えてくれます。
すでに顎関節症などを患っている人に対しては、アゴの筋肉を鍛える事による顎関節症の改善なども提案してくれるところが好評です。
私生活の中で改善するべきところが分かるだけで、歯列矯正にかかる期間も短くなりますから、富山の矯正歯科のアドバイスはよく聞くようにしてください。
歯列矯正を行っている最中に、特に気を付けてほしいのは頬杖をつかないという事で、頬杖をつく時間が長くなると更に歯並びが悪化する可能性もあります。
アゴの骨が歪んでしまい、顎関節症を患ってしまっている人の多くは、普段から頬杖が時間がとても長いです。
富山の矯正歯科に歯列矯正を依頼する際には、日常生活でアゴの骨にかかる負担を減らす事を意識しながら、姿勢を正しながら生活してください。
定期的にアゴの骨の状態を検査してもらえるので、骨の歪みや歯並びが改善されてきたか確かめながら、歯列矯正を続けていく事ができます。
以前と比べて食べ物を噛む際の、アゴの負担が減っている事が確認しやすいという理由でも、富山の矯正歯科の施術は好評です。